タニグチ商店の歩み

 昭和5年、現会長の松田三郎が大阪市浪速区河原町1丁目(現在の千日前)にあった「谷口外次郎製玉部本店」に勤務し、寿司用の厚焼の修行を積む。昭和15年、名古屋市東区鶴重町(現在の錦3丁目)に「タニグチ製玉所名古屋支店」を創業。戦時中は中断していたが、昭和24年、現在の名古屋市中区栄5丁目で「タニグチ商店」として営業を再開した。

 当時、寿司の玉子焼といえば、魚のすり身を使った厚焼のことで、グチ、ハモなどの魚をさばいて、すり身を作り、それに卵などを加えて焼いていた。この厚焼を近隣の寿司屋さんに毎日届けていた。
 販売地域の拡大に伴い、四日市、岡崎にも営業所を開設し、製造・販売を行うようになった。
 その後、現在の「本玉」などの玉子焼類の製造を開始、持ち帰り寿司店の出現などにより寿司の需要が急増したため、機械による量産化を推進。
 また、「おぼろ」「味付かんぴょう」などの生産を開始すると共に、「味付あげ」「寿司生姜」をはじめ、各種の良質な寿司材料も取り揃えるようになった。
 現在、業務用として一般の寿司店をはじめ、持ち帰り寿司店、回転寿司、スーパー・デパートの寿司店、外食産業系のレストラン、ホテル等々、“寿司”関連の様々なお客様に業務用として広くご使用いただいております。
 平成16年には、広域配送の基地として新たに福江物流センターを開設しました。

 

沿革
昭和15年 名古屋市東区鶴重町にて個人創業 
昭和24年 現在地(名古屋市中区栄5丁目)にて営業再開
昭和26年 合資会社に法人改組
昭和35年 四日市営業所開設
昭和39年 岡崎営業所開設
昭和42年 株式会社に法人改組 本社ビル完成
昭和48年 「本玉」機械生産開始
昭和51年 資本金1600万円に増資
昭和54年 「味付かんぴょう」製造開始
昭和58年 「本玉S」製造開始
昭和60年 「黄そぼろ」製造開始
昭和61年 優良施設表彰(名古屋市食品衛生協会会長)
昭和62年 資本金3200万円に増資
昭和63年 優良施設表彰(名古屋市長)
平成元年 本社工場増築
平成 4年 優良施設表彰(日本食品衛生協会会長)
平成 7年 優良施設表彰(厚生大臣)
平成16年 「ゆず伊達巻」全国蒲鉾組合品評会で水産庁長官賞受賞
福江配送センター開設

愛知県・三重県・岐阜県鮓商環境衛生同業組合指定店

Copyright © 2006 TANIGUCHI SHOTEN CO., LTD All Rights Reserved